Workshop

Awakening trueself

​潜在意識とつながる

​ワークショップ

あなたは本当の自分で生きていますか。

 

その実感がありますか。

本ワークショップで習得できること

Awakening trueself

潜在意識とつながる

ワークショップ

習得できることリスト

1. 人間の意識層を知る

2. 筋反射(※1)を身につける

3. 深層意識とのつながり方の習得

4. ブロック(※2)の見つけ方の習得

5. 深層意識の書き換え方の習得

オマケ!

「本当の引き寄せのやり方」​を伝授

------------------------------

Workshop  Class

クラス営業時間

月曜 10:00 - 12:00

火曜 13:30 - 15:30

木曜 13:30 - 15:30

少人数グループワークショップ

​オンライン受講(zoom)

1回2時間(ベーシックコース全6回)

料金

般価格

¥25,000(税込) / 回

基本的にはベーシックスキルを付けていただくのに6回の出席を前提としていますが、

個人の進み具合によるため、各回ご自分でご予約いただく形に変更にしました。

※1 筋(肉)反射・・・筋反射は筋肉が反応することによって身体や心の状態を聴くという手法です。キネシオロジーという、カイロプラクティックを源流としてアメリカで誕生し、西洋の国々を中心に発展している代替療法の中で使われている手法です。ヨーロッパ、アメリカ、韓国韓方などの医療にも使われています。

私は、この筋反射を使って、トゥルーセルフからの回答をもらう、という手法をお教えします。意識の接続先を体や潜在意識よりも深い、トゥルーセルフに接続する方法と筋反射のミックスアプローチにより、深層の自分とのより具体的なコミュニケーションを成立させます。

※2 ブロックとは、自分の中にある要らない思い込みや、行動の妨げとなっている原因のことです。

----------------------------------------------

真実の自分とつながるという意味

日々生きている中で、

私はこの生き方で合っているんだろうか

この仕事で合っているんだろうか

自分にとっての適職ってなんだろう

自分を活かせる生き方はなんだろう

誰に聞いたら一番の答えが返ってくるのだろう

すべては自分の中に答えがあると言うけれど

どうやってわかるんだろう

ヨガやメディテーションで自分に心をみることはできるけど

どうやってそのブロックを解除するの

これらの疑問への答えを

「あなた自身があなたの深層部に接続して引き出す。そして書き換える。」

方法を教えます。

この方法は、どなたでもできます。

必要なのは、自分と向き合う覚悟だけです。

 

重要

ワークショップ受講の方は、ご希望の方はFacebookグループに参加できます。

本ワークショップ参加中にこちらが参加に相応しくないと判断した場合は、ワークショップより退会いただくと共に、Facebookグループからもご退会いただくこともございます。その場合、御返金は致しかねますので予めご了承ください。
ワークショップは以下のフォームよりお申し込みください。

※受講中、こちらで受講に相応しくない言動、行動が確認された場合は、注意喚起させていただき、それでも行動が改善されない場合は受講をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

Workshop申込

​ワークショップへのお申し込みはこちらからお願いします。

このワークショップを知ったきっかけ
arrow&v

お申込受け付けました

ワークショップ利用規約

第1条 取得内容

本規約において、以下各号の用語は、それぞれ各号の右欄に記載の意味で使用するものとします。

当社:合同会社サウンドリビング

本セミナー:当社が主催する「 Awakening trueself 潜在意識とつながるワークショップ」を指します。

参加者:本規約に同意の上、本セミナーに参加登録をした企業、団体また個人のすべてを指します。

第2条 本規約の範囲及び変更

本規約は、当社が主催する本セミナーへの参加に際して適用される条件を定めるものです。本セミナーへの申込みを行い当社からその申込みに対する承諾を受けたすべての参加者は、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
当社は、参加者に通知を行うことにより、本規約の変更または細則の制定をすることができるものとします。当該変更規約又は細則が通知された後に、参加者が本セミナーに参加した場合には、参加者は当該通知の内容に同意したものとみなされ、当該変更規定及び細則は、本規約の一部を構成するものとして、参加者に適用されます。本規約の範囲及び変更

第3条 参加者登録

本セミナーへの参加を希望する参加者は、本規約に同意の上、当社所定の手続きに従って参加者登録の申込みを行うものとします。
参加希望者が行った前項の申込みを当社が承諾した場合は、その承諾の時に、当該参加希望者と当社との間に本セミナーの受講に関する当社との契約(以下「本契約」といいます。)が成立し、参加者登録が完了するものとします。なお、次の各号のいずれかに該当する場合は当社は当該申込みを承諾しません。また、登録完了後であっても次の各号のいずれかに該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該参加者の参加者資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。

  • 申込内容に虚偽があったことが判明した場合

  • 参加希望者が過去に本規約に違反し、利用契約を解除されている場合

  • 参加希望者が法令その他条例に違反している、または違反するおそれがあると当社が判断する場合

  • 参加希望者が各都道府県の定める暴力排除条例の反社会的勢力に該当するか、またはその関係者である場合

  • その他、当社が不適当と判断した場合

参加者は、参加者登録の内容に変更が生じたときは、遅滞なく当社所定の手続きに従って変更手続きを行うものとします。
参加者は、前項の手続きを怠ったことにより、当社からの通知、送付書類、その他のものが延着または到着しなかった場合は、通常到達すべき時に到達したものとみなされることに異議ないものとします。また、当社は、これにより参加者に生じた損害については一切の責任を負わないものとします。
参加希望者が20歳未満の場合は、事前に法定代理人(親権者など)の同意を得る必要があります。

第4条 利用環境

参加者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、設備、ソフトウェアおよび通信手段等を自己の責任と費用において用意するものとします。

​第5条 禁止事項

参加者は本セミナーへの参加にあたって、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはならないものとします。

  • 法令その他条例に抵触する、またはそのおそれのある行為

  • 当社又は第三者の著作権、商標権、その他の知的財産権を侵害する行為

  • 当社又は第三者のプライバシー権、肖像権、財産権、名誉その他の権利を侵害する行為

  • 公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為

  • 各都道府県が定める暴力団排除条例の反社会的勢力に該当する、またはそれに関係するおそれのある行為

  • 当社又は第三者に対し、有害なコンピュータウィルス、メール等を送信、または書き込む行為

  • 本セミナーの参加に際して、他の参加者から取得した個人情報を、第三者に漏洩する行為

  • 当社が明示的に許可する場合を除き、本セミナーを録音・録画・撮影その他いかなる方法または媒体を用いるかを問わず、記録する行為

  • 本セミナーの円滑な運営を妨げる行為

  • その他、当社が不適切であると判断する行為

第6条 録音・録画・撮影記録の使用

当社が、本セミナーで行った録音・録画・撮影記録は、本セミナーの記録及びコンテンツの向上、その他の商業上の目的のために使用することができるものとします。
当社が商業上の目的のために本セミナーで行った録音・録画・撮影記録を使用する場合は参加者の顔や声から本人が特定できないように音声、動画及び画像を加工(匿名化)するものとします。
なお、参加者は、本セミナー中に発言を行った場合は、上記録音・録画の際に当該発言の音声、動画及び画像の記録がなされることがあることにつき、了承するものとします。

第7条 個人情報

当社は、第3条により登録された参加者の個人情報、利用契約に関連して知り得た本セミナーの参加者の個人情報を、本契約の履行のため(本セミナーの主催のための事務、メール配信、メルマガ配信を含みます。)に利用します。

なお、当社は本契約に関連して知り得た参加者の個人情報を本契約履行の目的以外には使用いたしません。また、当社は、法令に基づく場合その他個人情報保護法に従い個人情報の提供が許される場合を除いて、ご本人様の同意なくその個人情報を第三者に提供することはありません。
当社は、個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

第8条 本セミナーの中止・中断

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、当社の判断により本セミナーの全部または一部を中断または中止することがあります。

  • 本セミナーを維持するために当社のシステムやネットワークの保守を緊急に行う必要が生じた場合

  • 天災地変等の不可効力により本サービスを提供することが困難となった場合

  • 第三者からのクレーム等により本サービスを提供することが困難となった場合

  • その他、やむをえない事由が生じた場合

上記の場合を除くほか、当社は、当社の責めに帰すことのできない上記本条各号の事由に基づき、本セミナーの開催が遅延、中断または中止された場合には、これにより生じた参加者及びその他第三者の損害について一切の責任を負いません

第9条 免責事項

参加者の過失により、他の参加者、または第三者に損害が生じた場合には、当該参加者がその全責任において処理し、当社は一切の責任を負わないものとします。参加者同士によるいかなる紛議についても、当該参加者がその全責任において処理するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

当社は、本セミナーの内容及び参加者の情報を、参加者の登録日から2年間保管するものとします。なお、当該情報について、参加者が何らかの形で記憶保存した場合、かかる参加者の保存によるいかなるデータについても、当社は何ら責任を負わないものとします。

第10条 損害賠償

参加者は、本契約に関連して当社および第三者に損害を与えた場合は、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第11条 当社からの通知

  1. 当社から参加者への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当社からの電子メールもしくは当社のウェブサイト上の一般掲示またはその他当社が適当と認める方法により行われるものとします。
    前項の通知が電子メールで行われる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への当社からの発信をもって通知が完了したものとみなします。ただし、登録情報が正確もしくは最新ではなかった場合には、当社からの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到着したとみなされるものとします。

  2. 本条1項の通知が当社のウェブサイトの一般掲示で行われる場合は、当該通知が当社のウェブサイト上にアップロードされた時点をもって参加者への通知が完了したものとみなします。

  3. 当社は、上記いずれかの方法により参加者に通知を行った場合、通知完了後10日以内に参加者からの異議申立てがないか、又は、通知完了後参加者が本セミナーに参加した場合には、参加者が同通知の内容に同意したものとみなします。

第12条 協議事項償

本規約の定める事項の解釈について疑義が生じたときは、参加者と当社の間で協議の上、解決するものとします。

第13条 準拠法

本規約は日本法が適用され、日本法に準拠して解釈されるものとします。